6月
2015

エメラルドの祖国

宝石は基本的に山など鉱山にて発掘されます。

日本ではあまり発掘されませんが、海外では様々なところで発掘されます。

もちろん場所によって宝石の質や色、量などが変わってきます。

あるところでは小ぶりで明るいものが多かったり、はたまたあるところではしっかりとした重さがあり、価値も少しずつ変わってきます。

ちなみに、エメラルドがもっとも多く取れる大変有名な国があります。

それがコロンビアです。

現在、世界の60%のエメラルドがコロンビアで発掘されています。

そして、そこからさまざまな国や会社がエメラルドを買取販売しています。

それをまたいくつもの会社が降ろし売りを行いまた小さな会社が買取るというシステムになっています。

通常、エメラルドがどこ産かというのは大変見分けにくいため、どこ産のエメラルドなのかは、エメラルドが入ってた箱などを見て確認します。

箱の入れ方などで、国を特定しない限り、プロの鑑定士でも、見分けにくいそうです。

ですが、コロンビア産のものは大変見やすいことのようです。

内包物を見ながらじっくり判断しましょう。

もちろん、コロンビア産の商品の方が断然高く売れるため、買取のほうはなるべくコロンビア意外のものがよく、売り手はコロンビア産であってほしいとのkとおです。

日本でもエメラルドは高額な宝石として根強いファンがいます。

なにせ、不純物の入ったこの色を好きという人は多くいらっしゃるわけです。

皆さんも一度エメラルドを見てみてはいかがでしょうか。

6月
2015

傷だらけのエメラルド

天然のエメラルドで傷のないものはないというほど、エメラルドは大変傷がつきやすいものなのです。

というより、傷があって当たり前なのがエメラルドの特徴です。

細かい傷や石れいというものが入っていたりします。

エメラルドはある程度硬い石なのですが、ある程度の力を特定の方向から圧力や力を与えると、簡単に割れてしまいます。

そのため、大変扱いにくい宝石としても知られています。

そのため、エメラルドの宝石は常に四角くカットしてあります。

さらに、エメラルドの角も全て綺麗に切り取られており、どの方角から衝撃がきても大丈夫なようにしてあります。

通常、この四角く切り、角を落とすカット方法をエメラルドカットと呼びます。

このエメラルドカットがあれば、なんとかエメラルドも衝撃に耐えられるうえ、割れずにずっと綺麗なままでい続けます。

ちなみに、エメラルドで、まったく傷のない鮮明な天然の石を見つけた場合、多くの場合が人口石です。

そのため、自分のエメラルドが鮮明で無傷の場合、しっかりと鑑定士に見てもらうのがいいでしょう。

いざ買取して欲しいときに、思わぬ金額しかもらえないかもしれません。

しっかりと、早めに買取額の見積もりを行って起きましょう。

このように、エメラルドは大変人気のある商品であり、誰もがほしがる色なのですが、壊れやすいのが難点なうえ、どうしても形が地味な四角になってしまいます。

他の形に削っても、すぐにひびが入るなど、いい形に仕上げることができないのです。

6月
2015

エメラルドは誕生石

皆さん、エメラルドが誕生石だったのをご存知でしょうか。

そう、エメラルドは5月の誕生石であり、綺麗なエメラルドグリーンを映し出す色とされています。

エメラルドの宝石言葉は、幸運、幸福、愛、健康などがあげられます。

持っているだけで、大変幸せな人生が送れそうですね。

もちろん、宝石の買取時も、あなたを幸せにしてくれるでしょう。

名前の由来は古代ギリシャ語の緑の貴石からです。

基本的に、コロンビア、ブラジル、ロシア、インド、タンザニア、オーストリアといった国で発掘されています。

ちなみに、エメラルドはその色から心や精神をリラックスさせる効果があるとされています。

もともと緑は目に優しい色というふうに、科学的に証明されているため、この理由も納得できます。

誕生石におパワーとして、他にも「愛情を最大限に増幅させてくれる」だとか、「疲れた心を癒し、いらいらを沈めてくれる」など精神的に安定させてくれる力を持っているようです。

いいことばかりのこの宝石は、自分の誕生石でなくても、持っていてもいいものではないでしょうか。

ちなみに、このすばらしいエメラルドですが、買取時に「自分の宝石に細かい傷があるからあまり高く売れない」などといった考えは捨ててください。

エメラルドは宝石の中でも、もっとも傷がつきやすく、ついていて当たり前といった考えがはやっているのです。

そのため、傷がついていないものは逆に交わされないようにしましょう。

これは明らかな偽者だからです。

6月
2015

エメラルドのケアと選び方

エメラルドは大変扱いにくい宝石です。

そのため、どのようにして選び、どのようにしてお手入れをしたらいいのか分かりにくいですよね。

そこで、本日はエメラルドの選び方とお手入れの方法をご紹介させていただきます。

まず、重要でかつ理解しておいていただきたいのが、エメラルドは傷が入っているのが普通です。

そのため、傷がないものを無理に選ぼうとしないほうがいいでしょう。

もちろん傷が少なかったり、小さいに越したことはないのですが、まったくの無傷というのは、そうそうめぐりあえるものではありません。

むしろ、出会ってしまった場合、それはあなたにとって大変嬉しいことでしょう。

ですが、それと一緒に、エメラルドが無傷ということは大変値打ちのあるものということでしょう。

買取時に高額な額が請求されます。

他のエメラルドと同じ額でしたら、それは偽者です。

買わないようにしましょう。

そして、エメラルドは、なるべく濃い色のものがいいのです。

買取時にも高額で売れるため、なるべく濃い緑を探してこうにゅうしましょう。

お手入れについてですが、エメラルドは結構硬い石ですが、ある程度のケアは必要です。

さらに水にも弱いため、なるべく石を触ったあとは、綺麗に拭いてあげましょう。

もちろんエメラルドがついた指輪をしたまま手なんかを洗ったりしないようにしましょう。

一気に石が崩れてきます。

石をなるべく丁重に扱いつつ、自分の美しさを最大限に引き出してもらいましょう。

参考リンク・・≫ [http://www.houseki-mall.com/emerald.html